ハイドロキノンクリームのシミ取り効果とは?選び方とおすすめ商品

ハイドロキノンクリームの効果とは??


ハイドロキノンは、シミや色素沈着を除去できる美白成分の1つです。厚生労働省からも許可を得ている注目の美白成分です。

 

できてしまったシミを薄くしてくれる、漂白する力があるという特徴があるので、肌の漂白剤とも言われています。

 

では、そのハイドロキノンについて、詳しくお話していきます。

 

 

 

 

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンとは、いちごやブルーベリー、コーヒーや紅茶などに含まれる、自然界にも存在する天然成分です。

 

還元作用があるので、もともとは酸化防止剤としてゴムや写真の現像の時に使用されてきました。還元作用とは、酸化を抑える作用の事です。

 

日本では、その強力な効果が知られてからまだ日が浅いですが、海外ではかなり昔からシミの治療薬として使われてきました。

 

日本でハイドロキノンが化粧品として販売されるようになったのは、2001年の薬事法改定以来です。濃度の制限はありますが、一般のスキンケアにも配合されるようになりました。医師の処方なしでは使えない、刺激の強い成分とされてきたので、今でも日本で販売されている化粧品に認められているハイドロキノンの含有率は4%以下です。それ以上の高濃度のものは、医療機関での取り扱いが基本となっています。

 

シミの原因メラニンは、紫外線などの刺激によって酸化されて、黒く濃くなる性質があります。ハイドロキノンは、還元作用により酸化を還元し、メラニンの色を薄くする働きがあり、メラニンの生成を抑制する効果も期待できるのです。

 

今までの美白成分は、シミを予防するというものでしたが、ハイドロキノンはすでにできてしまったシミを薄くしていく効果があるのです。色素沈着を改善していく力を持っている美白クリームは、ハイドロキノン配合のものしかないのです。

 

 

 

ハイドロキノンクリームの選び方3つのポイント

 

 

 

ハイドロキノンクリームとは、強い美白成分を持っているハイドロキノンという成分を配合したクリームの事です。

 

美白成分といえば、ビタミンCやプラセンタなどが頭に浮かぶと思いますが、ハイドロキノンの効果は、それらの約10倍~100倍の強さがあるといわれています。

 

そんなハイドロキノンクリームですが、種類も様々でどれを選べばいいかわからない人もたくさんいると思うので、選ぶ時のポイントをお話していきます。

 

1.ハイドロキノンの配合率(濃度)

ハイドロキノンは濃度が大事だとよく言われますが、どれくらいの濃度は安全性が高く、どれくらいが怖いものなのかを知っておくことが重要です。

 

一般的に購入できるハイドロキノンクリームは、濃度にバラつきがあります。しかし、濃度が濃ければ効果が高いというわけではないようです。

 

・濃度1%~3%

刺激は少ないですが、その分効果も低いです。濃度が高いものと比べるととても安全性が高いので、市販で人気のある商品は、このあたりの濃度の商品になってきます。お肌の弱い人は、この濃度でも強い刺激を感じてかぶれる人、ピリピリ感じる人もいるようなので、しっかりパッチテストはしておきましょう。

 

・濃度3%~5%

濃度が高い分、効果は高いです。病院で処方されるのも、だいたいが濃度4%のものが多いようです。これ以上の濃度のものは、専門の病院の処方が必要です。もっと強力なものが欲しい人は皮膚科へいって相談してみましょう。

 

かなり刺激が強いので、いきなり顔に塗らずに二の腕の内側などでパッチテストをしましょう。赤みやかぶれが出たら、すぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

 

2.浸透力の高いハイドロキノンか?

美白効果がとても高いハイドロキノンですが、肌に浸透しにくい成分だと言われています。ハイドロキノンは水溶性の成分なので、皮脂のある人の肌には浸透してくれません。

 

なので、ハイドロキノンを塗っただけでは肌の奥まで浸透しません。それでは、美白効果は実感できないです。

 

ですので、ハイドロキノンクリームを選ぶ時は、絶対に浸透力が高いかどうか確認して選ぶようにしましょう。それぞれ商品には特徴があるので、しっかりみて選びましょう。

 

例えば、新安定型のハイドロキノンを配合していて、肌の奥まで浸透してくれるものや、独自の浸透テクノロジーを使って、高品質のハイドロキノン成分を肌の角層までしっかり浸透させることができるなど、色々あるようです。

 

浸透力の高いハイドロキノンクリームを選ぶと、低濃度でも高い美白効果が期待できます。

 

3、お試しセットがあるか?

ハイドロキノンは効果が強力な分、肌への刺激が強い成分だと言われています。なので初めて使う場合は、お試しセットを購入して自分の肌に合うかどうか試す必要があります。試した上で、本品を購入するようにしましょう。

 

低濃度であれば、副作用の心配はほぼありませんが、敏感肌の人・特別に肌が弱い人は、ハイドロキノンクリームが合わないという場合もあるからです。

 

必ずお試しセットで自分の肌に適合するのか確認してから、購入する事をオススメします。

 

 

 

ハイドロキノンクリームおすすめランキング

それでは、ハイドロキノンクリームを選ぶ3つのポイントをふまえた上で、おすすめランキングをご紹介していきます。

 

 

■プラスナノHQ

■肌を整える事にこだわり販売累計35万本突破

プラスナノHQは、ナノテクノロジーで肌の奥まで集中的に働きかけてくれます。

 

配合成分にもとことんこだわり、ハイドロキノンを4%配合。さらに肌のキメを整え、ツヤを与えるレスベラトロールを配合しています。製品の酸化を防ぎ、長期間上質な状態を保つアスタキサンチンも配合。

■価格 ■ハイドロキノン濃度 ■プラス成分 ■評価
■2160円(税込み) ■4% ■アスタキサンチン・レスベラトロール ★★★★★

まずは、初回限定W美活お試しセット(2160円)でお試しする事をオススメします。5400円相当が2160円なのでお得です。

 

セット内容は、プラスナノHQと、ピュアビタミンCが25%配合のプラスピュアVC25ミニとなっております。

 

メール便は、全国送料無料です。

■アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

■世界初の新安定型ハイドロキノンをマイクロカプセル化

アンプルール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は、高濃度2.5%のハイドロキノン配合の美白クリームです。

 

アンプルール独自の新安定型ハイドロキノンで、時間差でメラニンを攻撃してくれます。

 

女性の皮膚科医が開発した商品なので、敏感肌の方でも安心して使えます。

■価格 ■ハイドロキノン濃度 ■プラス成分 ■評価
■1890円(税込み) ■2.5% ■アルブチン・ビタミンC・セレブロシド ★★★★

まずは、初回限定トライアルキット7日分(1890円)でお試しする事をオススメします。6500円相当が1890円なのでお得です。

 

セット内容は、メイク落とし、洗顔料、化粧水、美容液、クリームとなっております。

 

全国送料無料で、次回使える1000円分の割引券がついてきます。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

■科学で検証された独自の浸透テクノロジーを採用

ビーグレンQusSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン濃度は1.9%程度ですが、浸透力が高いのが特徴です。

 

独自の浸透テクノロジーでしっかり肌の奥まで届くので、ハイドロキノン約4%と同じくらいの効果があるとも言われています。美白ケアで効果を実感できなかった方も、ビーグレンのハイドロキノンを使用してからは、効果を実感できたという声もあります。

 

低濃度なので肌への刺激も少なく肌に優しいのに、美白効果が高いと評判です。

■価格 ■ハイドロキノン濃度 ■プラス成分 ■評価
■1749円(税込) ■1.9% ■ビタミンC・アルブチン ★★★

まずは、ホワイトケアトライアルセット7日分(1749円)でお試しする事をオススメします。6935円相当が1749円なのでかなりお得です。

 

セット内容は、クレイ洗顔、ローション、ビタミンC美容液、ハイドロキノンクリーム、高保湿クリームとなっています。

 

全国送料無料で、365日間全額返金保証制度もついているので安心です。

 

ハイドロキノンクリーム3つの効果

 

 

 

 

ハイドロキノンクリームは、肌の漂白剤とも言われていますが、いったいどのような効果があるのかみていきましょう。

1.美白効果が高い

ハイドロキノンは、シミ・そばかすの改善にとても効果が期待できる成分です。それにはちゃんとした理由があって、ハイドロキノンはシミの原因のメラニン色素の生成を抑制する効果と、メラニン色素を作るメラノサイトという細胞を、減少させる効果があるからです。

 

2.メラニン色素の生成を抑制

シミやくすみなどの主な原因は、肌にメラニン色素が生成されて色素沈着してしまうからだといわれています。メラニン色素の本来の働きは、肌が刺激を受けた時に肌を守るために生成されるのですが、化学反応を起こしてしまうと、肌が変色して黒くなってシミやくすみの原因になってしまうのです。

 

ハイドロキノンクリームは、メラニン色素の生成を促進する酵素やチロシナーゼの分泌を抑えてくれます。さらに、メラノサイトの活動を抑制して、肌の色素沈着を予防する効果があるのです。

 

3.様々な種類のシミを改善

・肝斑

顔の左右対称に、地図が広がったようにできるのが特徴です。どうして発生するかはまだわかってはいませんが、女性ホルモンの乱れが原因と言われています。30代を過ぎると多く見られ、ソバカスと同じように完全に除去することはできないようです。しかし、薄くして目立たなくする事はできるようです。

 

・炎症性色素沈着

大人になってからのニキビは、何度もしつこく繰り返し発生して炎症を起こしてしまいます。治っても赤黒く色素沈着してしまったりします。ハイドロキノンクリームは、すでにできてしまった色素沈着にも作用してくれるので、ニキビ跡の美白にも効果が期待できそうです。

 

・そばかす

遺伝的な要素が強いので、完全に綺麗に除去することは難しいようです。しかし、少しでも薄くして目立たなくする事はできます。

 

・日光性色素斑

老人性色素斑や日光黒子とも呼ばれていて、シミの原因として1番多いものだといわれています。紫外線による刺激・老化などによって、歳を重ねるとともにシミの色が濃くなっていってしまうようです。ハイドロキノンクリームを使う事で、元のお肌に戻す手助けをしてくれるのです。

 

 

 

ハイドロキノンクリームの使い方

 

 

 

ハイドロキノンクリームの使い方を間違ってしまうと、副作用や肌トラブルを起こしてしまいます。使用する前に、ハイドロキノンクリームの正しい使い方を知っておくことがとても大切です。

 

・ハイドロキノンクリームの基本的な使用方法

ハイドロキノンクリームは、夜寝る前に1度塗ってそのまま就寝するのがトラブルを起こしにくい使用方法だといわれています。その理由はハイドロキノンクリームを塗った肌は、バリア機能が壊れて無防備な状態になっているからです。ですのでこの状態で外に出るのは、避ける必要があります。

 

肌のターンオーバーの時間は、夜22時から夜中の2時までなので、この時間に効果を発揮させるようにしましょう。

 

・清潔な肌に使用しましょう

ハイドロキノンクリームを塗る時は、汚れを綺麗に落として、清潔なお肌にしてから使用するようにしましょう。

 

洗顔→化粧水→美容液→乳液→保湿クリームの順番でスキンケアを行って下さい。このスキンケアを行い、毛穴を綺麗な状態にしておかないと、ハイドロキノンを浸透させることができなくなるので注意が必要です。

 

必ず洗顔した後20分経過してから使用するか、洗顔の後にきっちりスキンケアをしてから、ハイドロキノンクリームを塗布するようにしましょう。洗顔直後に使用してしまうと、肌への浸透性が高いので、効果がきつくなってしまいます。

 

 

 

ハイドロキノンクリームの注意点

 

 

 

ハイドロキノンは正しく安全に使用しないと、肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまいます。ハイドロキノンクリームを安全に使用するためにはどうすればいいのか?順番にみていきましょう。

 

1.紫外線対策をする

ハイドロキノンはとても酸化しやすく、さらに紫外線を受けると酸化はスピードアップしてしまいます。ハイドロキノンが酸化すると、肌にダメージを与えるベンゾキノンという物質に変化してしまいます。

 

ハイドロキノンクリームを塗っている間は肌のメラニンが少なくなり、紫外線に対してとても無防備になった状態です。ですので、外出する時は季節に関係なくSPF20以上の日焼け止めクリームを使用して、しっかり紫外線対策をするようにしましょう。

 

どうしても日焼け止めの使用ができない、長時間紫外線を浴びてしまうという時は、ハイドロキノンクリームの使用は夜に行うようにしましょう。

 

2.長期間の使用は避ける

ハイドロキノンクリームを使用していて、シミが薄くなってくるとついつい続けたくなると思います。しかし濃度が低いものであっても、3ヶ月以上使用し続けると白斑の症状がでてしまう可能性もあるようです。

 

ですので2ヶ月程使用したら、1ヵ月くらいはお休み期間をいれてあげましょう。

 

3.妊娠中は使用を控える

ハイドロキノンは効果が高い成分ですが、その分刺激が強い成分なので、お肌が敏感になってしまう妊娠中は使用を控えるようにしましょう。

 

体の外側から肌に塗る外用薬は、皮膚から血液に吸収されたとしても、お腹の赤ちゃんに影響はないと言われています。しかし、副作用などのリスクを考えると、妊婦さんや授乳中の人は使用を控えることをオススメします。

 

4.気になる部分にだけ使用する

ハイドロキノンクリームをシミがない部分に塗ってしまうと、他の皮膚よりも白くなってしまう可能性があります。特に濃度が高いものを使用する場合は、シミの部分だけに塗るようにして下さい。周囲の皮膚へは絶対使用しないようにすることを心がけて下さい。

 

ハイドロキノンクリームを指に直接塗って使うと周りにつく恐れがあるので、綿棒などを使って塗るようにしましょう。

 

5.シミへの効果が得られたら使用を中止する

シミが薄くなったという効果を感じたら、その場所への使用はやめましょう。ハイドロキノンクリームを同じ場所に必要以上に使用してしまうと、その部分が白くなる可能性があります。これを白斑と言いますが、こうした副作用は濃度が5%以下では起きにくいといわれています。

 

シミへの効果が十分得られたら、ハイドロキノンクリームを塗布するのはやめるようにしましょう。

 

6.使用期限を守る

ハイドロキノンクリームは光・熱・空気などに酸化されやすいので、開封して長時間放っておくと、すぐに酸化して劣化していってしまいます。茶色に変色しているものは、酸化が進んでいる場合がありますので、使用しないようにしましょう。

 

保存は高温多湿を避けて、開封後は1ヵ月以内に使い切るようにしましょう。酸化したハイドロキノンクリームの使用は、肌にいいものではありませので、必ず使用期限を守って塗るようにしましょう。

 

7.海外製品には注意する

インターネットなどで、海外製品を簡単に購入する事もできますが、輸入化粧品はとても高濃度のハイドロキノンが配合されている場合があるようです。

 

ハイドロキノンは、濃度が高いほど還元作用が働き、美白効果が上がると言われていますが、その一方で副作用のリスクも当然ながら高くなってしまいます。

 

 

 

ハイドロキノンの副作用

 

 

 

ハイドロキノンはとても刺激の強い成分なので、人によっては肌トラブルをおこしてしまうことがあるようです。少しでも異常を感じたら使用をすぐに中止して、専門の医療機関を受診しましょう。

 

ハイドロキノンの副作用は3つあるようなので、みていきましょう。

 

1.シミの悪化

ハイドロキノンは紫外線に弱いので、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線にあたるとシミが悪化することがあります。ですので、ハイドロキノンは夜に使うのがおすすめです。

 

ハイドロキノンを使用した時は、SPF20以上の日焼け止めクリームを塗って、紫外線対策をしっかりしましょう。

 

2.肌の炎症・赤み

ハイドロキノンを使用した時に、1番でやすい症状として肌の炎症や赤みがあります。ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化しやすい物質です。ですので、酸化した時にできるベンゾキノンという成分は刺激が強く、肌にダメージを与えてしまいます。

 

もし炎症や赤みが起きた場合、保冷材などで冷やすようにしましょう。

 

3.白斑

濃度が高いハイドロキノンクリームを長期間使用していると、塗っていた部分が本来のお肌以上に白くなってしまって、白斑になってしまう可能性があります。

 

白斑とは、皮膚に白い斑点が生じるものの事で、今はまだ詳しい発症の原因はわかっていません。メラノサイトの消失や減少によって、メラニンの生成が行われなくなることで、皮膚の色が抜けていくのではないかという考えもあるようです。

 

肌が1度白斑になってしまうと、元に戻すのはなかなか難しいと言われています。治療法としてあげられるのは、ステロイドホルモン剤の内服・塗布、紫外線療法、表皮移植などがありますが、シミの改善以上に難しい治療になってしまいます。

 

今現在、市販で売られているハイドロキノンクリームで白斑被害は報告されていないようです。

 

 

ハイドロキノンクリームの美白効果を高めるトレチノイン

 

 

 

トレチノインとは、レチノイン酸とも呼ばれているビタミンA誘導体の事です。肌の一番上の層である表皮細胞の増殖を促す作用があるので、肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーを促進することができると言われています。

 

美白相乗効果のハイドロキノン+トレチノイン

ターンオーバーが正常な肌は、メラニンにより濃くなったシミは、ターンオーバーによって排出されて、段々シミが薄くなっていきます。

 

①ハイドロキノンの力で、メラニンを作る力を抑制して、今できてしまっているシミを薄くします。

②トレチノインの力で、ターンオーバーを促進させて肌に残ってしまっているメラニンを排出します。

 

この2つの働きを併用することによる相乗効果で、シミの改善効果をより一層高める事ができると言われています。

 

ハイドロキノンクリームとトレチノインの使い方

ハイドロキノンクリームとトレチノインを併用して使う場合、先に塗るのはトレチノインになりますが、注意しなければいけない事があるのでお話します。

 

1.洗顔をして肌を清潔にする。

2.化粧水で肌を整える。(ここで乳液や油分をつけない事。)

3.綿棒などで、気になる部分より少し小さくトレチノインをつける。

4.約15分程たって、ハイドロキノンクリームをトレチノインよりも少し広めにつける。

 

この後に、上から日焼け止めや保湿剤を塗る場合は、違う場所にハイドロキノンが広がってしまわないように、約1時間はたってから塗るようにしましょう。